住宅ローンを返済する場合の負担を少なくできる

住宅ローンを活用する場合、大きな金額の借金を抱えることになるため、完済までとても長く感じる場合があります。そのため、少しでも借入する金額を少なくできた方が早く完済可能なため、最小限に抑えられる方法を知るべきです。 たとえば、変動金利ではなく、長期固定金利タイプの住宅ローンを利用する場合は、保証料や繰り上げ返済手数料がかかりません。つまり、この分だけ住宅ローンを返済していく場合の負担を少なくできます。 他のタイプの住宅ローンを利用した場合に発生する保証料や繰り上げ返済の手数料は、借入した金額から見れば小さく感じられるでしょうが、こういうところで節約することによって住宅ローン完済までの道のりが見えるようになります。

繰り上げ返済は有効活用しましょう

住宅ローンを組む際に長期固定金利の保証料がかからない点はとても魅力的です。ただ、これ以上に魅力的なのは繰り上げ返済の手数料がかからないことです。
まず、住宅ローンは決まった回数で返済すれば完了することになりますが、完済時の年齢が60代や70代になるのは避けたい場合があるでしょう。たとえば、定年で会社を辞めた場合に支給された退職金は、残っている住宅ローンをまとめて支払うのに適しています。そこで、繰り上げ返済を行うというケースは多いです。
繰り上げ返済は全額ではなくても良いので、ある程度まとまった資金が貯まった段階でも実施できます。ですから、定期的に繰り上げ返済を予定している人にとっては、長期固定金利の手数料が不要な点は大きなメリットです。