変動型住宅ローンが金利を変える理由

住宅ローンには変動型と固定型、更に固定期間選択型に分かれており、それぞれのメリットを生かして活用する事が重要といわれています。固定型は何があっても金利が変わりませんが、変動型は社会情勢によってすぐに金利が変わる為、支払額に大きな影響を及ぼすのが特徴です。
具体的に社会情勢が意味している物とは、基本的には市場の流れや景気の動向といわれています。住宅ローンは半年ごとに金利の見直しが行われ、市場の金利がアップしているとローンの金利もアップし、市場の金利がダウンすると、ローンの金利もダウンするのが特徴です。低金利であればローンの返済も安く済みますが、景気の動向によっていつ金利が変化するかわかりません。そのため、変動金利型の場合には定期的な金利のチェックが重要となります。

複合的な原因で市場金利は決まる

景気の動向によって市場金利が定まり、市場金利が住宅ローンの金利に大きく影響するといわれています。市場金利は景気の動向だけで決まる物かといわれると、そうではありません。国内の市場金利が下がる原因として挙げられるのが、景気の後退や物価の下落、為替市場の円高や、海外金利の下落です。1つだけが原因とはならず、複合的な原因によって市場の動向が大きく変化します。また、現在景気が急激に変動していても、必ずしもすぐ市場金利に影響するわけではありませんので、注意が必要です。住宅ローンに大きな影響を与えるのは政治や経済によって市場の流れが大きく変動することにより、物を買うためのお金を借りる人がいなくなり、結果として金利が下がります。そのため、金利が下がっている時は住宅を買うチャンスといわれており、変動金利型の方が割安に返済できるといえるでしょう。